×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



マイバッグ運動 リンク集

小売店が渡すレジ袋を使わず、消費者が持参した袋やバッグを使用しようという運動である。一人一人が実行できる、もっとも身近な環境保護運動の一つであるとも言える。 いわゆるレジ袋に対し、買い物客が持参するマイバッグは「エコバッグ」とも呼ばれる。スーパーマーケットを中心に、マイバッグ持参者に「スタンプがたまると100円引き」等の特典も行われ、企業のノベルティや懸賞賞品に、繰り返し使えるトートバッグを用意することも増えてきている。さらに、条例によりレジ袋有料化を課す自治体も増加してきている。現在、エコバッグがブームとなっており、洒落たものや、セレブ・富裕層の愛用するものなどもテレビなどで特集されたりしている。 しかし、その一方で、商品が精算済みかそうでないかの区別が付きづらいため、万引きの温床になりやすい[1][2]、備え付けの買い物かごが持ち去られる[3][4]などのデメリットが明らかとなってきた。店によってはレジ袋の無料提供を復活させ、マイバッグの持込を禁じるところも現れている[5]。なお、レジ袋有料化を行った店舗においてはレジかご持ち去りの影響もあってか商品を納品する際の段ボール箱を代わりに利用する場合もある。

端的に言えばマイバッグ運動は、レジ袋の過剰な消費から、繰り返し利用できる買い物袋の使用に切り替えることで、ごみの削減や、それに伴う二酸化炭素などの温室効果ガスの削減、レジ袋の原料となる原油の節約(資源保護)などを目的としている。 その効果は、レジ袋使用時と買い物袋使用時の環境負荷を比較することで明らかとなる。レジ袋1枚(大型のもの)を作るのに必要な原油は約18.3ml、原油1l当たりの二酸化炭素排出量(固有単位当たり係数)は0.7225kgCなので、レジ袋を削減して製造量も同時に減らしたと仮定し、買い物袋の環境負荷を無視した場合、レジ袋1枚あたり0.013222kgC (=13.2gC) の削減効果があると考えられる[6]。 買い物袋の環境負荷と合わせて考えるには、買い物袋1袋を作るのに必要な原油の量と、買い物袋1袋をレジ袋何枚分使用するか(レジ袋代替枚数)を算出し、1枚当たり必要原油量 (l) × 0.7225 (kgC) ÷ レジ袋代替枚数(枚)を計算すればよい。この計算で出る値はレジ袋1枚分に換算した買い物袋の環境負荷なので、この値とレジ袋1枚あたりの値 0.013222kgC (=13.2gC) を比較し、後者のほうが大きい場合に効果があるといえる。ただし、これは焼却処分時のCO2だけを考えたもので、ライフサイクルアセスメント (LCA) の手法では、原料採取・製造・輸送・販売で使用するエネルギーまで考慮に入れなければいけない。 また、買い物袋の使用による環境負荷軽減の効果は、同じ買い物袋を長くたくさん使い続けるほど大きくなる。同じように、必要な原油量がより少ない買い物袋に変えたり(石油原料の合成繊維製から天然繊維製に変える、など)、エネルギー消費なども考えたLCA基準で環境負荷が少ない買い物袋に変えることで、効果は大きくなる。 一方、レジ袋から買い物袋に変えた場合新たに増える環境負荷も指摘されている。例えば、レジ袋が果たしていたゴミ袋としての役割が、他の袋で代用された場合の環境負荷などである。

日本 [編集] 2007年2月でのダスキンの調査[7]によると、滋賀県では86.0%が「いつも買い物袋を持参」もしくは「買い物袋持参が多い」と回答している。この数値は、2位の京都府に20ポイント以上の差をつけて全国一位となっている。また、山形県では、「いつも買い物袋を持参」との回答率が全国で最も高く44.0%となっている。 エコバッグ [編集] 宮城県仙台市 仙台市役所、仙台商工会議所などが行うマイバッグ運動では、荒木飛呂彦、荒川静香、MONKEY MAJIK、伊坂幸太郎、平間至、劇団四季らが無償で協力し、デザイナーズエコバッグが製作された。荒木がデザインしたエコバッグには、荒木の作品である『スティール・ボール・ラン』の登場人物「ルーシー・スティール」の描き下ろしイラストがデザインされている。 テーマソング [編集] 茨城県ひたちなか市 ひたちなか市役所の職員有志によりバンドが結成され、イベントなどでテーマ曲『持ち歩こうマイバッグ』を演奏している[8]。 演奏は『持ち歩こうマイバッグ - YouTube』を参照。 静岡県三島市 テーマ曲『みんなで使おう! マイバッグ』が製作され、CD化もなされている[9]。このCDは、市内の幼稚園や保育園に配布されている。 歌詞は『みんなで使おう! マイバッグ?未来の三島のために?』、メロディーは『05065090_mp3_2008417_radA29F5』を参照。 静岡県掛川市 一般市民の手により作成されたテーマ曲『いつも持っているマイバッグ』が、掛川市役所の公式ウェブサイトやマイバッグ運動に参加する各店舗で流されている[10]。 歌詞およびメロディーは『マイバッグソング』を参照。 熊本県菊池市 菊池市役所の職員が自ら作詞、作曲し、職員の長女がボーカルを務めたテーマ曲が発表されている。 日本以外 [編集] 東アジア [編集] 台湾や中国のうち上海など都市部ではレジ袋が完全に有料化、もしくは撤去されているため、マイバッグの持参やレジ袋の使い回しが当たり前となっている。香港では2008年12月からコンビニエンスストアのレジバッグが有料化(一律50香港セント)された。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 マイバッグ運動 リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4